兵庫県立美術館ポンペイ壁画展ブロガー向け内覧会でシュンちゃんと出会った〜

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

pb278400

以前、「ジョルジョモランディ展」でお世話になった兵庫県立美術館

pb278401

今回は現在行われている「ポンペイの壁画展」のブロガー向け内覧会着物妻着物妻と参加してきました

pb278216

まずは学芸員さんによるスライド解説。

pb278230
pb278232

そしていよいよ会場に向かいます。

pb278313

内覧会は閉館後に行われていて一般のお客さんはおらず、普段はできない撮影もさせていただけます。

pb278373

また、学芸員さんも一緒なので、疑問点などを直接お伺いしたり。
とっても有意義。

pb278242

入り口近くにある壁画。
ってこれだけだと大きさがイマイチわかりませんが……

pb278238

人とくらべるとこれぐらいの大きさ。
うーん、これは描くのも、日本まで運んでくるのも大変だろうな……

因みに今回の壁画展の壁画は基本的に室内に書かれたものだそうです。
うーん、こんな大きな壁画が描かれた建物ってどんなだろう。

pb278255

欠落部分が多いけど、このあたりの青と赤は綺麗な〜
2,000年近く前の壁画の色がこんなに綺麗に残ってるなんて♪

pb278272

顔料の展示もしてました。

pb278270

そして、どんな道具で描いていたかも。
コンパスとかももう使われていたんですね。

pb278281

有名な犬の壁画。
犬のよこに「シュンクレトゥス」と書かれていて、この犬の名前だと言われています。

ところでこの壁画ってどういう構図なのでしょうか?
私には鳥の絵が入った額縁と植物があって、シュンくんシュンちゃんは額縁の前に座っているように見えます。
でも、見ようによっては額縁から抜け出してきているようにも?
そして、シュンちゃんの前脚を見るとちょっと骨が見えているようにも……

pb278291

因みに今回の展示では「シュンちゃん」ってキャラクター化されてました 😉

pb278296

こちらは部屋の三面にわたる壁画。
美術館の部屋の大きさと合わなかったためにすきまがあいてますが、本来はこの壁画が三面全体に描かれているようです。

pb278346

薄いベール?の表現が凄いな〜
2,000年も前にしかも壁画でこんな繊細な表現ができるなんて。

pb278349

こちらも鮮やかな色使い。
現代のポップアートですと言われても信じちゃうかも (^^;

最後にもういちどお部屋に戻って……

pb278391
pb278387

の途中にこんなの発見。
他の人は素通りするなか、我が家はガッツリと喰い付いて写真撮っていただきましたwww
あっ、我が家が撮っていると、他にも何組か (^^;

本当に最後はもう一度お部屋に戻って、質問会。
自分と同じことを疑問に思う人もいるな〜とか。
ほう、そういう風に観てたのね〜とか。
人の感想や質問を聞くのは面白かったです。

今回の兵庫県立美術館「ポンペイの壁画展」

2016年12月25日(日)

まで。
興味のある方は是非♪

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA