Por ta vinho Izarra de ポルトガル料理初体験!?

最近、更新が少ないですが…… m(_ _)m
飲み(主にワイン)仲間達と一緒にポルトガル料理を食べきたのでその報告♪

って「ポルトガル料理」って食べた事ないよ〜
どんな感じなんだろう???

先ずは冷たいスープ「ガスパチョ」。えっ、ガスパチョってスペイン料理じゃ……と思ったらちゃんとWikipediaにもスペインとポルトガルのと書いてある。そしてポルトガルの方がパンの分量が多いと書いてあったがそれはどうなのかな。Izarraさんで食べたのは野菜がどろどろになったタイプではなく角切りタイプでした。暑い時期には嬉しい一品ですね。

カタルーニャ風サラミとオリーブをつまみながらワインを♪

塩鱈のコロッケ。ええと、あちゃらの言葉だと「パスティス・デ ・バカリャウ」だそうです (^^;
フランス料理などのようにソースがかかっているでもなく塩鱈の旨味がシンプルに味わえます。うーん、これはワインより日本酒ちゃうの!?と思ってしまう私なのですが、そこは地元の料理には地元の酒。合わせたワインはバッチグーに合ってました。

マリネした鮃のサラダ仕立て。紅芯大根が美しいアートな一品。

イワシの塩焼き〜ってレモンとパクチーを除くともう和食?
先ほどの塩鱈のコロッケもそうだけど、ポルトガル料理って素材を味わうわりと和食に近い料理なのかな……
すごく日本人の口に合いそうです。そしてこちらも「イワシの塩焼きなんてもう日本酒!」と思いつつワインを飲むとこれも合う!

そして!
「パップラドンカルメ」(分かる人だけ、笑えよ〜)みたいな鍋?が登場。

中身は魚介と野菜の蒸し物?スープ?
パップラドンカルメ(しつこい!)の正体は「カタプラーナ」という鍋(調理器具)で料理名も「カタプラーナ」。
こちらも優しいお味で日本人だと好きな人多いんじゃないかな〜
魚介や野菜の旨味がつまった滋味あふれるスープはあとでリゾットやパスタにもできるそうですが、今回は次の一品のために我慢。

今日の炭水化物はポルトガル風の鴨の炊き込みごはん♪
鴨肉だったり、オレンジやオリーブが乗っていたりするのにこれも優しくていくらでも食べられそうなお味。
いやぁ、お米って本当にいいもんですね~♪(水野晴郎風)

ご飯もので〆と思いきやもう一品。
イベリコ豚と仔羊タン、ムール貝のアレンテージョ風。
えっ、ようわかんない。豚と仔羊(それもタン)が一つの料理でしかもそこに貝まで?
と思いつつ食べたのですが、これが美味い!!!
ワインがワインがススム君、ススム君の大行進や〜

そしてジャガイモ好きとしては一言、この各素材から出た旨味を吸い取ったジャガイモが美味いじゃ〜!ジャガイモ増量とか出来んかしらん (^^;

美しいデザートとコーヒーで〆♪
うーん、食べた〜飲んだ〜

因みに飲んだワインはこの五本。
ワインは詳しくないので詳細は妻のブログで>

関連ランキング:地中海料理 | 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です