沖縄料理の多様性 チャンプルーだけと違うゼ! ゆうばんまんじゃー☆

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:

以前の記事でも「へちまの味噌炒め」は「ヘチマチャンプルー」ではなく「ナーベーラーンブシー」だと書きましたが、「ンブシー」以外でも間違って「チャンプルー」とされている料理がいっぱい。

「ソーミンチャンプルー」、もし島豆腐と一緒に炒めてないなら多分それは「ソーミンタシヤー」。

「麩チャンプルー」、もし今豆腐と一緒に炒めてないなら多分それは「フーイリチー」。

このように沖縄には色んな調理法があってそれぞれ名前がある。

その中でも変わった名前の料理が「ウムクジプットゥルー」。

「ウムクジ」は芋葛。
これを水で溶いて混ぜながら加熱するとゼラチン状の塊になるこれが「プットゥルー」。

味付けは芋葛を溶く時に出汁とあとお味噌。
具材?は玉子(これは溶く時に)と刻んだニラぐらい。

素朴な料理なんだけど、しまー(泡盛)飲む時にちょっとあると嬉しい。

そんなメニューがある「ゆうばんまんじゃー」は那覇はオリオン通りにあります。
気になる人は探してみてね 😉


あほなブログにいつもありがとうございます。
今日も応援の1クリックをお願いします m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA